【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム〜吃音(どもり)を治す方法〜

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムはどういうものなの?

 

今までに300人を超える吃音者を助けて来た、6週間足らずで吃音(どもり)克服へと導く特別カリキュラムを準備してあります。

 

1日たった20分くらいのとあるシンプルな(しかし特別な)エクササイズを、6週間、家で、お一人で、空いている時間に取り組んで頂きたいと思います。

 

テキストと動画で構築されたパーフェクトなセルフワークプログラムですから、誰かと対面する事は御座いませんし、特別な道具や機械なんかを使う事も御座いません。

 

貴方様に準備してもらうのはノートとペン、加えてエクササイズの時間のみとなります。

 

カリキュラムを開始して6週間後、貴方様は吃音(どもり)を治していて、第三者とのトークを心の底から楽しむことができる完璧なライフスタイルをエンジョイしていると思います。

 

目を通した瞬間から吃音を和らげる「応急処置レポート」も準備してあります。

 

詳細はこちらのレターを一字一句漏らすことなく目を通して頂きたいと思います。

 

今後、一生この問題と付き合って行かなければならないと、貴方様は諦めているのかも 知れないですね。

 

スムーズにお喋りしている事が、イメージさえも行なえなくなっていたかもしれないですね。

 

普通に電話に出て、普通に挨拶して、普通に話をすると言った、本当に“普通”の事を夢物語だと思っていたかもしれないですね。   

 

しかしながら、最後に、私の教材だけはテストしてみて頂きたいと思います。わずか6週間のカリキュラムとなります。   

 

個人差こそはあるのですが、6週間で吃音を治す事が可能です。

 

早い方は6週間を待たないで治っているのです。遅い方であっても3ヶ月もあったら、概ね吃音が気にならなくなるのです。   

 

「改善」と申しましてもそれほどピンと来ない可能性もありますが、とりあえず、喋る事に対しての全ての恐怖から自由になります。   

 

電話が鳴ってもイチイチ心臓の音が早くなる様な事はございませんし、初めて会う方とでも気楽な気持ちで話したい話をする事が可能になるのです。   

 

学校の面接や仕事の面接、異性との交流や勤め先においての人間関係も、今までとは比較にならないくらい上手く行く様になるのです。   

 

「挨拶も出来ない奴」ですとか「変な人間」等の陰口を叩かれる事も起こらなくなります。

 

これまでは、24時間365日、「上手く話すことができるだろうか」「またどもったらどうしたらいいのか」と、言葉の事だけ考えていたので集中力を取られ、また、他の重要な、実際に考えなければいけない事に頭が回らなかったのではないでしょうか。   

 

しかし今後は、言葉の事を気にせず暮らして行けるので、貴方様本来の能力がしっかりと発揮され、記憶力や集中力は数倍に引き上がると思います。   

 

簡単に言えば、貴方様自身が変わるという事なのです。   

 

自分自身が変わる事により、人間関係も仕事も多大に変わって、それにより新しい仲間、新しい恋人、収入のUP、等々、さまざまに生活が大きく様変わりするかもしれませんが、どのように変わるかは全部貴方様の自由なのです。   

 

希望する人間関係、希望する仕事、色々なアグレッシブな挑戦が、貴方様には待っているのです。

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイトはこちらから

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの内容を少しだけご紹介します!

 

ハイスピードで“改善”と言う結果を手にする為に絶対に行なわないとならない、けれども誰もが存じ上げない“脳”と“手”が密接に関係したとある作業とは?

 

脳と手に密接に関係する地味な作業となりますが、これを適切に、律儀にするだけで、成果の現れる速度が何十倍、何百倍と変わってくるのです。

中村祥がいくつもの挫折を繰り返した先に行き着いた、ドクターや研究者には気付く事が困難な「吃音(どもり)」の結論とは?

 

どういったテーマの問題にも、バイブル(聖書)と言われる成功法則や定石が存在しますが、吃音(どもり)にはそれがないのです。

 

また専門家次第で言っている事が異なり、どれが間違いなく正解なのかはっきりとしていません。

 

そんな中、私が出した答えは…

吃音者は“才能に優れた人間”がたくさんいると言われている、その実態とは?

 

貴方様は自分自身にコンプレックスを持ってるかもしれないですね。けれども、実際には反対なのです。

 

吃音と言うのは、別名“優秀者病”と呼ばれておりますが、その実態とは何だと思われますでしょうか?

 

現実に、有名な吃音者には総理大臣や、俳優、女優、ニュースキャスター等々が…

「どもり」が一種のステータスになっていた、英国貴族の真相とは?

 

英国の貴族階級において、「ジェントルマン」と社会から認められる為には経済力や立ち居振る舞い、ファッションセンス等々、色々な基準がございますが、ある時代のステータスの基準の一つに驚くことに「どもり」と書かれています。

 

私はこの事実の真相を知った時、涙が溢れ出そうになってしまいました。

分かっていないと話にならない、けれども皆さん存じ上げない本当に適切な吃音の知識

 

吃音(どもり)は正確な情報の多くないので、多くの間違いが溢れ返っているのです。

 

例をあげると、吃音には「難発」「連発」「伸発」の3種類が存在すると言われているのですが、この考え方そのものが既に誤りだったりします。

 

治す為には、間違いのない適切な基礎的な知識を理解していないと間違いなく話にならないのです。

「吃音は改善不可能だ」と云われて来た3つの訳と、「そんな考え方は原始的だ」と言い切ってしまう私の答えとは?

 

「吃音は改善不可能だ」と言うのは、現在でも常識みたいに言われている事なのですが、実を言いますと現代社会においてその考え方は、原始的だとしか言い様が御座いません。

 

そのはっきりとした訳をお教えしましょう。

中村祥がメンター(人生の師)から教えて頂いた、全員が克服できる“人間の潜在意識をコントロール”するテクニックの秘密とは?

 

この秘密の要素があるからこそ、どなたにでも克服できるのです。

吃音とは、具体的にどういった“状況”“シーン”で発生する現象なのでしょうか?

 

吃音(どもり)と言いましても、無作為に発生している訳では御座いません。

 

どもりの出現にはある一定の法則が隠されています。

貴方様の脳には、吃音が何があっても良くならないメカニズム「吃音センサー」が備わっている…

 

この「吃音センサー」を分かっていない限り、一生掛かっても治る事はありません。

 

どうしてかと言うと、吃音と申しますのは単なる“結果”であって“産物”であって、本当の問題は他の深い部分に隠されているからなのです。

実を言いますと、吃音(どもり)は、貴方様の“協力者”だった!?

 

この、一見逆説とも言える事実を分かっていなかったので、貴方様の吃音はエスカレート(強化)し続けて来ました…

「本読みトレーニング×努力=吃音奴隷」の法則…

 

吃音センサーが貴方様の脳にある以上、この法則から逃れる事は不可能です。

 

意識的に“理解出来ていても”、です…

貴方様が吃音者になってしまった3つの理由とは?

 

幼少期、こちらの3つの理由(条件)が重なる事によって、貴方様は吃音者になってしまったのです。

 

ここで重要なのは、理由を把握したら、得体のしれなかった“恐怖”から自由になれるという事です。

 

この「恐怖」も、貴方様も吃音を成長させている一つの要因なのですから…

「吃音は吃音と診断された時に始まる」の真意とは?

 

吃音研究で有名なウェンデル・ジョンソンが残した有名な言葉で、これを押さえるのも改善に欠かせない要素になりますが、この言葉の真意が分かってる方は少ないのです。どうしてかと言うと…

吃音者と非吃音者を分ける、わずか一つの違いとは?

 

吃音者と非吃音者の間に幾つも違う部分はありません。

 

ほんの一つの違いが、あるモノがあるかないか、の違いこそが、吃音者と非吃音者の違いになります。

富と名声を欲しいままにしたマリリン・モンローであっても、“少しの幸せ”を手にする事は出来なかった、その訳と吃音の密接な関係とは?

 

20世紀を代表する大女優マリリン・モンロー。

 

富と名声を欲しいままにした彼女でさえも、普通の少しの幸せを手にすることができず、悲しい死に方をしてしまった訳が、実を言いますと吃音と密接に関わっているのですが…

吃音の本当の正体である“認識の仕組み”の全貌とは?

 

信じられない話ですけど、この仕組みが分かった瞬間、貴方様のどもりはちょっぴり和らいでいるはずです。どうしてかと言うと…

「吃音の事等どうでも良い」と、心の底から感じる様にしてしまう“感情書き換えエクササイズ”とは?

 

貴方様は吃音が気に掛かってしようがないはずです。

 

どれだけ冷静になろうとしても、どんだけ上手に話そうとしても、それは結局、吃音に関心の目を向けている事だと言えます。

 

「吃音などどうでも良いよ」と、心の底から感じる事こそが、ある種のゴールになります。

仮に会話中に緊張したり動揺したりしても、あっという間に冷静を取り戻し、人前で話す事が怖くなくなる“感情コントロール法”とは?

 

これは吃音を避けるばかりでなく、社会生活の様々なシーンで使用出来る技術になります。

今までの記憶や経験までも変えてしまう、脳のシステムの穴をついた“人口記憶刷り込み法”とは?

 

貴方様が吃音に心配や恐怖感を覚えるのは、これまでの苦々しい記憶や痛い経験によるものなのです。

 

その今までの記憶や経験そのものを変えられるとしたら、どうなりますでしょう。

 

こちらのエクササイズに取り組んだ貴方様が感じるのは、結局のところ、「過去」と言うのは実在しないと言う事。

 

記憶の中にしか無い産物なのです。

鳥肌が立つ様な苦々しい思い出をたった5分で取り除き、幸せな思い出に書き換える方法とは?

 

大勢の前で恥をかいた…電話で怒鳴られた…無意識に逃げ出した…

 

こういった苦々しい思い出を消し去る事等、少しばかし脳の性質を活用したら簡単なのです…

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイトはこちらから

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの良くある質問について

 

マニュアル代金の他にお金は必要でしょうか?

いいえ、必要ありません。

 

これは、6週間のカリキュラムになっておりますが、ご負担頂くのは、初めにお支払い頂く29,700円(税込)だけです。

 

それ以外一切必要ありませんから心配いりません。

子供の吃音に頭を悩ませているのですが、対象年齢はあるでしょうか?

はっきりとした基準はないのですが、例えば、カウンセラーとやり取りが行なえるほどの歳(目安として中学生以上)でしたら実践はできます。

 

しかしながら、15歳以下(飽くまで目安となりますが)のお子様のケースでは、保護者様と一緒に取り組む必要性が生じる場合がありますから、該当する人で参加をお望みの際には、前もってその点をご納得の上ご参加頂きたいと思います。

 

こちらの教材は、一般的に言う自己啓発論だったり、心理学や脳科学の分野に属します。

 

確かに歳は関係ありませんが、それなりの見識が求められるので、社会経験が乏しい未成年者ですと、内容に着いて行けない恐れがあると言う事です。

 

小学生以下のお子様に関しましては、まだまだ自動的に良くなるかもしれませんから、当分の間様子を見られる事を推奨致します。

 

その際、どもりの事には触れないで、ただ精一杯の愛情を持って接してあげて頂きたいと思います。

 

これが小さな子供の吃音がいつの間にか無くなって行く秘訣になります。

再発したりはしないですか?

御座いません。 吃音を本質的に治して行くと言う事は吃音が気にならなくなる、吃音を気に掛けなくなる、という事なのです。

 

これはもう、完璧に乗り越えている状態にあります。

 

そこには「再発」と言う概念はありません。

 

吃音(どもり)は、病気(疾患)とは全然違う問題なのですよ。

治らない人はいるでしょうか?また、居るとすればそれはどういった方でしょうか?

残念な事に、治らない方と言うのは存在しています。

 

歳や性別、症状の軽重で決まる事はないのですが、他の要因で改善の可否が決定する事はございます。

 

それでは、何が治る、治らないを決めるのかと言いますと、それは意識が柔軟であるか否か、変わろうと言う意思があるか否か、人任せでは無く、自ら実行する事が出来るか否か、なのです。

 

簡単に言えば、行なう前から「あれは出来ないこれは出来ない、これは行ないたくない」等と子供みたいな事を仰る人や、「この話は信用出来ない、このやり方だと自分は変われないと思う」等と初めから耳を傾けようとしない人、自らの頭で考えると言う行為が出来なくて言われた事だけしか行なえない様な人なんかは間違いなく治らないと言う事です。

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践された方の感想

 

今までとは違う自信のついた自分があります

 

貴方様のMRMプログラムに巡り会えて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これ程まで 吃音者の心理を深く突き詰めて、様々な観点から助言して 貰い、誠に有難うございます。

 

中村様の貴重なEメール、大事にし繰り返し読み返し、自分自身を励ましております。

 

そのおかげにより、電話の対応は 苦にすることがなくなりました。

 

人との会話に関しましても これまでとは全く異なる、自信の付いた自分があるのです。

 

まだ、時によって気分が 浮かない、滅入っている等の心の状態により詰まる癖が 顔を出します。

 

これまででしたら、それが尾を引いて いたのですが、何てことない! 楽勝!と心で反すうしております。 

 

心の負担が、かなり軽くなったのです。

 

その内、徐々に 遠のき、忘れて行くと思います。 お世話になりありがとうございました

緊張した状況なのにスラっと言えたのです

 

中村様、こんにちは。今回で2回目のメールです。

 

今日は、ちょっぴり良い変化がありましたから、嬉しくてご連絡させて頂きました。

 

前回私は、日本語では吃音と早口に頭を悩ませているのに、英語だと問題ないと書かせて頂きました。

 

英語で喋る時みたいに、日本語でも注意してゆっくり喋る様にここ最近気を付けていた所、以前まで吃音で言えなかったある言葉が、ドキドキした状況の中にもかかわらずスラっと言えました。

 

それには、自分自身でも驚きです。

 

ずっと昔から私が癖みたいに喋って来た、言葉のリズム、私のケースだと早口のリズムも吃音と同じ様に、恐らく潜在意識に焼き付いているのだと思われます。

 

現実に、ゆっくり話す事を意識してみてまだはっきり言って、慣れないリズムですから違和感があるのですが、何を喋っているのか理解出来ないっという感じで、えっ?と突っ込まれて、結果的に自分自身が嫌な気持ちになるよりも、ずっと心地が良いんです。

 

またゆっくり話すと、心に余裕が現れるからなのか、心も落ち着いた和やかな感じになるのが、自分自身でも認識出来るのです。

 

これをきっかけに、このゆっくり話すペースの自分が、普通な状態に変えて行って、中村様のエクササイズを通して、吃音も気付かない内に治っていたという風になれたら良いなと考えております。

 

今から、再度全てのレベルを読み返して、エクササイズに望もうと思うのですが、何だか嬉しい変化がありましたから、お教えしたくてメールをさせて頂きました。

 

今後も、どうかお力添えをお願いします。ありがとうの気持ちでいっぱいです。

明日会社に行くのが今から楽しみです

 

明日は会社の朝礼で話さないとならないのですが、これまでは前日位からずっと朝礼の事だけ考えてて不安で気が休まらなくて、いよいよ朝礼になると難発になって中々声が出なかったのですが、今日は気が付いたら「そういえば明日、朝礼で話さないといけないんだった」っと忘れてる事が多いのです。

 

徐々に喋る前と喋っている最中の予期不安が消えて参りました。

 

途中で難発になってしまったり、連発する事はあるのですが、昔程どもっても気にならなくなって来たのです。

 

それと近頃、出勤前・仕事中・私生活・・・ず〜と毎日が幸せで満たされております。

 

明日会社行くのが今からワクワクしています。

 

中村さん、感謝の気持ちで一杯です。今後もお力添えをお願い申し上げます。

 

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム販売者中村しょうさんからのメッセージ

 

吃音から自由になれると、文字通り世界が一変するのです。   

 

目の前にある全ての心配や恐怖や外圧から自由になり、今まで我慢していた様々な事がごく自然に行なえる様になるのです。

 

挑戦やチャンスに満ち溢れた“自由な人生”に一変します。   

 

それは恐らく、貴方様の予想以上…   

 

しかしながら、体験していないから余りいい加減な事も申しあげられませんが、この“自由な人生”は『悟りの境地』と言う場所からでも見る事が可能な世界ではないでしょうか。

 

悟りの境地に達したと思われる方を目にしていると、そう感じ取る事が出来ますので。   

 

それで結局のところ、『改善』と言う道と『悟りの境地』と言う道のいずれを目指すも貴方様次第だと言う事なのです。   

 

私は貴方様に、更に可能性のある選択肢を準備したにしか過ぎないのです。   

 

…と言いながらも、折角こうやって私と縁があったのですから、貴方様にも是非とも、『改善』と言う場所から自由な人生を掴み取っていただきたい、見える世界を一変させてもらいたいと、密かに考えているのですが(苦笑)。

 

ラストになりましたが、これ以上将来の自分自身に後悔を背負わせたくないのでしたらこの際是非とも、こちらの教材にチャレンジして頂きたいと思います。

 

貴方様からの「有難う」の言葉を楽しみにしております。

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの公式サイトはこちらから